twilog まり(@mrmlmary)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の寂しさ【イヴァンEDルキベルキ6】

今回が最終回です。

ルキベルキ、不完全燃焼です。
やっぱりルキベルキは難しいです。
二人とも大人なので、心理描写が書ききれない。
二人ともえろの技術が高すぎて、私の力では追いつけない。

たぶん、余裕があれば、この話は書き直すでしょう。
テーマはいくつか決まってたんですが、それらがまとまらず、
ひとつの話にならなかったような感じがします。

今回もえろなしです。


*****************


「永遠なんて…ない」
 ここには恋も愛もなかった。あるとすればそれは深く、重い、寂寞だ。
 寂しさはブラックホールのようだ。真空に吸い込まれそうになる。

 お互い似たような寂しさをそれぞれ抱え、背中合わせに別の方向を向いている。二人がベッドを共にする時もそうだった。ただ自分以外のぬくもりが欲しくて、背中を合わせる。だが本当に欲しいものはこの手には入らない。

 いつか別れが来る。お互いにそう思っていた。お互いが始まったときからそう思っていた。
「来てくれるかい?」
「…ああ、もちろんだ」
 ルキーノがいつものように1か月分の請求書を持ってベルナルドの執務室に訪れたときだった。ベルナルドからルキーノに手渡された白い封筒。そこには金色でWeddingと書かれていた。
 ベルナルドが結婚する。とうとう、あの店の歌姫、アナスタシアと。

 二人を繋いでいたのはきっと寂しさだ。だがお互いにまた寂しさを一人抱えて生きていく選択をした。結局、お互いの寂寞感は埋められなかったのだ。
 埋まらない寂しさという結論から、ベルナルドの結婚という結果が生まれたのだ。ベルナルドは結婚もこの寂しさを埋めてはくれないことを分かっていた。ベルナルドにとってこの結婚は諦めの結果だった。もうこの寂しさは誰といても埋まらないのだという諦め。ベルナルドにとってこの結婚の意味するところは覚悟だった。もうこの寂しさを抱えて一生を終えようという覚悟だ。

 一方、ルキーノにとって結婚は最後の砦だった。
 自分とシャーリーンは神の前で永遠を誓ったのだ。死が二人を別つまで、と。ルキーノの中で結婚は神聖なものだった。僅かな希望だった。
 妻を信じきれなかった過去と向き合うことはせず、結婚していたときは確かにお互いが愛し合っていたのだと、そう信じたかった。
 …愛は一度途切れたのだ。
 あの時、自分からシャーリーンへ、愛は注がれていたのか。一時、愛の泉は渇いたのだ。その隙を突かれたのだ。
 死が二人の永遠の愛を終わらせたのではなく、二人の愛が永遠ではなかったから死が迎えに来たのだ。

 結婚という神の前での誓いを無視してまで、ルキーノはベルナルドと関係を続けようとは思わなかった。そして、ルキーノの気持ちをベルナルドもわかっていた。わかっていたからこそ、結婚に踏み切ったのだ。
 死が自分を迎えに来るまで、この寂しさからは解放されない。それは確信であり、同時に失望だった。ベルナルドがルキーノの寂しさを埋められないように、ルキーノはベルナルドの寂しさを埋められない。
 相手を特別だと思えないのに一緒にいることは、相手に対して申し訳ない。そうと思うぐらいには、ベルナルドはルキーノのことを気に入っていた。そのルキーノをすっぱりと自分から開放する手段は自分が結婚することだった。

 僅かな時間、二人は温もりを共有した。
 僅かな時間、二人は傷を舐めあった。
 僅かな時間、二人は寂しさを埋め合おうとした。
 だが、それも今日を以って終わる。

「お前から誘っておいて、お前から離れて行くなんてな」
「永遠が、この世にあるとでも思っていたのかい?」
 永遠は、あると思っていた。だが、自分でそれを証明する機会を手放してしまったのだ。永遠の種は失われ、もう二度とこの手に戻ってはこない。
 ルキーノの少し苦い表情を見て、ベルナルドはこっそりと安心する。
 寂しさを抱えて生きるのは、自分だけじゃない。

「キスしてくれ…、ルキーノ」
 ベルナルドは、ルキーノの何もかも食い尽くすような、奪うキスが好きだった。
「キスしろよ…、ベルナルド」
 ルキーノは、ベルナルドの何もかも溶かすような、与えるキスが好きだった。

 どちらからともなく唇を重ねる。
 ゆっくりとお互いの舌を味わう。舌の縁を舐めあい、唇に吸い付く。上顎をなぞり、唇をきつく合わせる。僅かにずらし、少しだけ息を吸うと、また唇を舐める。
 新郎の準備室の中、二人の舌が行き来する。外からは参列者のざわめき。部屋に差し込む暖かな光。ベルナルドの細い腕がルキーノの腰に絡む。ルキーノの温かな手がベルナルドの猫っ毛を撫でる。
 唇が離れる。二人の舌を繋ぐ銀の糸が切れた。

 惜しいと思う。

 これが、最後だ。

 二人はまた何事もなかったかのように、CR:5の筆頭幹部と次席幹部に戻る。何事もなかったかのように、最初に温もりを分け合った日の翌朝のように。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作小説
ジャンル : アニメ・コミック

tag : LD1 ラッキードッグ1 ルキベルキ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

mari

Author:mari
「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」に反対します。
(「非実在青少年」に対する規制に反対します。)

【好きなBLゲーム】
Tennenouji
『ラッキードッグ1』

イヴァジャンイヴァ
ベルジャン
ラグベルジャン
ルキベルキ

Nitro+CHiRAL
『咎狗の血』

シキアキ
グンアキ

【好きなBL小説】
英田サキ

Amazon.co.jp:『エス』シリーズ

木原音瀬

Amazon.co.jp:『COLD』シリーズ

【好きな音楽】
GRANRODEO

谷山紀章さん

初音ミク
GUMI

好きな声優さん
緑川光さん
もう10数年以上前からのファンです。サイバーフォーミュラの新条直樹から。
鈴木達央さん
鳥海浩輔さん

novelist.jp まり

リンク追加/ブロとも申請
サイト名:BLを書いてみる。
管理人:mari
URL:http://marimolimary. blog28.fc2.com/
バナー:http://blog-imgs-44.fc2.com/m/a/r/marimolimary/banner.png


  • このブログをリンク追加する
  • この人とブロともになる


  • 管理画面

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新コメント
    最新記事
    最新トラックバック
    ユーザータグ

    ラッキードッグ1 LD1 ベルジャン イヴァジャン ルキジャン ベル誕 ルキベルキ ベルイヴァジャン ベルキ ラグベルジャン 黒ナルド ジャンイヴァ LOVE&DESTORY CAGE ジュリジャン ルキベル 

    Gian's Egg
    期間限定特設リンク
    こちらは期間限定の企画など、私が\支援したい!/リンク先です。

    【LOVE and DESTROY】『CAGE-OPEN-』
    LOVE and DESTROYLOVE and DESTROY
    予約締切2011/6/30(木)、
    価格1500円、
    販売2011/8/12(金)コミックマーケット80

    【LUCKY SHOT! 2nd Day】スタジオYOU
    【LUCKY SHOT!】バナー
    2011/10/10(日)
    11:00~15:00東京流通センター(TRC)
    ラッキードッグ1オンリーイベント開催!

    検索サイト様
    【 ラッキードッグサーチWAN!WAN!!】

    ラッキードッグ1のファンサイト・2次創作サイトのサーチです。

    【Wing Search】

    女性のためのゲーム系サイト総合検索エンジンです。
    『ラッキードッグ1』リンク
    『ラッキードッグ1』のSSを掲載しているサイト様、相互リンクしてくださったサイト様、一緒に合同誌を作ったサイト様、私のお勧めサイト様などです。
    『咎狗の血』リンク
    【咎狗っ血】
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。