twilog まり(@mrmlmary)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一瞬の温もり【イヴァンEDルキベルキ5】

お久しぶりです。

なんと今回、ルキベルと思いきや…出オチ、です。
もし、ルキベルを期待してた方がいらっしゃいましたら
すみませんでした。

次回は最終回です。

今回えろありません。


**************


「…永遠って、あると思うか」
 その問いに対する答えは、「絶対」がないことが唯一の「絶対」だというのに等しかった。

「…ぅうっ…―――っ…」
「…?」
 ルキーノは抱えていたベルナルドの腰が徐々に冷えていくのを感じた。あれほど熱く火照ったベルナルドの身体がどんどん冷たくなっていく。
「ベルナルド…?」
 ベルナルドは先ほどのうっすらと快楽に染まった紅色ではなく、恐怖に耐える青白さで覆われていた。額の露は冷や汗だろう。
「…大丈夫…だから…」
 ベルナルドはルキーノを受け入れようと腰を落とそうとするが、体が強張って、ルキーノの切っ先ですら飲み込めないでいた。
「やめろ、ベルナルド」
 急に腕を引っ張られ、ベルナルドはルキーノの厚い胸板に引き寄せられた。力強いルキーノの腕に抱きしめられる。じんわりと温もりが伝わってくる。
「もう…いいから」
 ルキーノの低く優しげな声がベルナルドの耳に響く。
 頭では分かっていても、身体が拒否反応を示す。相手はルキーノだ。すでに何度もからだを重ねた。暴力で相手をねじ伏せて犯すような人間ではない。分かっている。分かっているのに・・・。
 ベルナルドは抱かれながら、自分の自尊心が傷つかぬよう、頭を空っぽにするよう努めた。
 ルキーノは気づいただろうか。
 考えるな。
 気づかれたくない。誰にも。
 何も考えるな。
 自分が犯されたトラウマを持っていることに、ルキーノは気づいただろうか。
 思い出すな。
 昔の光景がフラッシュバックする。あのときの惨めな気持ちが腹の底からわいてくる。自分が屈服させられた側の人間だと認めたくない。自分が虐げられた側の人間だと言うことを直視したくない。無かったことにしてしまいたい。自分は知りたくなかった。自分が弱者であるということを。
 もう、大丈夫だと思ったんだがな。
 あれから10年ほど経っている。しかし、相手がルキーノでも、ダメだった。一生克服できないのだろうか。
 ルキーノは何も言わず、ただベルナルドを抱きしめている。
 ベルナルドはルキーノの少し縮められた距離感に寄りかかっていいものかどうか判断しかねた。ルキーノの大きな手がベルナルドの猫っ毛を撫でる。ベルナルドはルキーノの胸板に頬を寄せ、小さくため息をついた。じんわりと伝わってくる温かさが肌の上で勝手に優しさに変換する。
 ルキーノは、たぶん、今だったら優しくしてくれるだろう。だが、優しくしてもらった後、自分達はどうしようか。
 ルキーノに、自分は突きつけられた自分の弱さからずっと目を逸らしているんだとでもいうのか。妻を信じることができず娘を守ることができず情けないと、ルキーノが吐露するとでもいうのか。二人で己の弱さを告白し合い、ありのままの自分と相手を受け入れる?
 自分達はそんな関係になれるのか?そもそも自分達はそのような関係を望んでいたのか?
 次のステップがあるわけでもないだろう。
「…そんなに…優しく、するなよ…」
 ベッドサイドの明かりに手を伸ばしたが、ベルナルドは結局スイッチを押しはしなかった。
 やはりルキーノでは駄目だったのだ。きっとこの明かりも消せないだろう。ジャンがいたら…、もしジャンが隣にいたら、この明かりを消して眠れただろうか…?
 この日も明かりは消さず、二人は背中合わせで寝た。

 二人はお互いに対して優しかった。同じような寂しさを抱えた似たもの同士だから。
 相手に優しくして、自分のぽっかり開いた穴を埋めようとした。自分にして欲しいことを相手にして、相手からそれをしてもらう。
 お互いを見つめていたが、相手を見つめてるわけではなかった。相手は鏡だった。いつもそこには自分自身がいた。
 ベルナルドもルキーノと一緒にいる空間が好きだったし、ルキーノもベルナルドと一緒に過ごす時間が好きだった。ルキーノの表情は魅力的だったし、ベルナルドの声は心地よかった。
 温もりを分け合った翌日、二人の休日が重なるときは、朝を一緒に過ごした。ルームサービスをとって一緒にブランチを食べた。
「お前、それだけか?」
「ああ。十分だ」
 ベルナルドの前にはコーヒーと2、3種類のフルーツしかない。ベルナルドは相変わらずコーヒーが主食のようだった。
 ルキーノは心配して、もっと食べろと皿を押し付けた。
「それでよく生きてられるな。もう少しなんか腹に入れとけよ」
「フハハ。まるでマンマのようだな」
 ベルナルドがからかい半分に言った。
 ルキーノは一緒にブランチを食べるたび、あまりにも食の細いベルナルドが心配になった。普段はいったい何を食べているのだろう。
「お前、料理はしないのか?」
「するよ」
「ほう。で、得意料理は?」
「…目玉焼き、かな」
「…それは…忍耐の要る料理だな」
「そうだろう?白身がしっかり焼けて縁が少しだけ焦げてくるまで、我慢強くそのまま待つ。早く焼けて欲しいからといって蓋をしたり、ましてや水なんかを入れて蒸したりしたらいけない」
 ベルナルドが笑顔とわざとらしい口調で言う。
「片面焼きか?」
「両面焼き」
 ベルナルドの好みはしっかり焼いたものらしい。もしかしたら肉もウェルダンが好みか?
 今度俺がもっと腹のふくれる物を作ってやるよ。
 そう言いそうになったのをルキーノはぐっと押し留めた。
 今度、は来ない。
 お互いマフィアだから、お互いの過去には触れない。二人は恋人ではないのだから、二人の将来には言及しない。ベルナルドとルキーノの会話はいつも、今、だ。現在についてしか言わない。
 刹那。二人の関係に名前をつけるなら、一瞬だ。
 地球誕生から今までを24時間に置き換えると、人間が誕生したのは23時59分59秒だそうだ。
 自分達の人生のなかでこの相手と過ごす時間も、きっとその1秒のようなものなのだろう。

 二人はお互いに特別になれなかった。すでに特別を知ってしまっていたから。一番を越す存在にはなれなかった。
 季節は巡る。
 6月14日。
 ルキーノはこの日、意図的に出張を入れた。デイバンから離れるために。
 この日にベルナルドと一緒にいる資格はないと思った。
 7月29日。
 ベルナルドはこの日、意図的に仕事を詰め込んだ。残業するために。
 この日にルキーノと一緒にいる資格はないと思った。
 二人が関係を持ってから、お互いの自宅に行ったことは一度もなかった。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作小説
ジャンル : アニメ・コミック

tag : LD1 ラッキードッグ1 ルキベルキ

コメント

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

mari

Author:mari
「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」に反対します。
(「非実在青少年」に対する規制に反対します。)

【好きなBLゲーム】
Tennenouji
『ラッキードッグ1』

イヴァジャンイヴァ
ベルジャン
ラグベルジャン
ルキベルキ

Nitro+CHiRAL
『咎狗の血』

シキアキ
グンアキ

【好きなBL小説】
英田サキ

Amazon.co.jp:『エス』シリーズ

木原音瀬

Amazon.co.jp:『COLD』シリーズ

【好きな音楽】
GRANRODEO

谷山紀章さん

初音ミク
GUMI

好きな声優さん
緑川光さん
もう10数年以上前からのファンです。サイバーフォーミュラの新条直樹から。
鈴木達央さん
鳥海浩輔さん

novelist.jp まり

リンク追加/ブロとも申請
サイト名:BLを書いてみる。
管理人:mari
URL:http://marimolimary. blog28.fc2.com/
バナー:http://blog-imgs-44.fc2.com/m/a/r/marimolimary/banner.png


  • このブログをリンク追加する
  • この人とブロともになる


  • 管理画面

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新コメント
    最新記事
    最新トラックバック
    ユーザータグ

    ラッキードッグ1 LD1 ベルジャン イヴァジャン ルキジャン ベル誕 ルキベルキ ベルイヴァジャン ベルキ ラグベルジャン 黒ナルド ジャンイヴァ LOVE&DESTORY CAGE ジュリジャン ルキベル 

    Gian's Egg
    期間限定特設リンク
    こちらは期間限定の企画など、私が\支援したい!/リンク先です。

    【LOVE and DESTROY】『CAGE-OPEN-』
    LOVE and DESTROYLOVE and DESTROY
    予約締切2011/6/30(木)、
    価格1500円、
    販売2011/8/12(金)コミックマーケット80

    【LUCKY SHOT! 2nd Day】スタジオYOU
    【LUCKY SHOT!】バナー
    2011/10/10(日)
    11:00~15:00東京流通センター(TRC)
    ラッキードッグ1オンリーイベント開催!

    検索サイト様
    【 ラッキードッグサーチWAN!WAN!!】

    ラッキードッグ1のファンサイト・2次創作サイトのサーチです。

    【Wing Search】

    女性のためのゲーム系サイト総合検索エンジンです。
    『ラッキードッグ1』リンク
    『ラッキードッグ1』のSSを掲載しているサイト様、相互リンクしてくださったサイト様、一緒に合同誌を作ったサイト様、私のお勧めサイト様などです。
    『咎狗の血』リンク
    【咎狗っ血】
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。