twilog まり(@mrmlmary)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっとずっと、深く…【イヴァンEDルキベルキ4】

毎度のことながら、今回も性格悪いベルナルドがいます。
私の中でベルナルドが性格悪いのはデフォです。
いつも僻んでます。
いつも妬んでます。
いつも嫉んでます。
それらをずっと抱えてて、ジャンがいないとそこから自由になれない人です。
だからこそキャラクターとして面白くて、好きなんですけどね。

今回はルキベルをしようとしています。
えろ少しあります。


************

 ルキーノが抱える想いは、もっとずっと深い…。
 オレはきっとルキーノを受け止めることはできないだろう。

 2年前のGDの抗争の後、ベルナルドが見たルキーノはまるで群を追い出されたライオンのようだった。
 落ちてきた、と思った。
 やっとこの手に届くくらいまでには落ちてきたと思った。うれしかった。
 順風満帆にここまで来たであろうルキーノの半生を思うと、ベルナルドは輝くルキーノからいつも目を逸らしたくなった。容姿に恵まれ、異性にもて、同性からは慕われ、ストレートで大学を卒業し、幸せな結婚をし、子供も授かり…。
 そういえば、ルキーノほどの学歴を持ちながらなぜCR:5に入ったのか。ああ、実家は事業を失敗していたな。実家の事業を継ぐつもりだったのか。実家の事業を継ぐことはできなかっただろうが、CR:5では幹部まで登り詰めた。だったらいいじゃないか。
 ベルナルドはルキーノをどこかでうらやましがっている自分が嫌だった。
 だが、ルキーノは思い通りにならない人生に転落した。大切なものを失った。しかも複数を同時に、一瞬で。
 ベルナルドの心中に同情の念とは別に、胸がすっとするような爽やかな風が吹いた。
 次は何が必要だろうか。ルキーノを貶めるための、何か。

 あれからも二人は何度か肌を重ねた。
 どちらからともなく誘い、お互いこの関係を悪くはないと思っていた。
「もとから?」
 今日もことが終わった後の少々気まずい時間。申し訳程度のピーロートークをルキーノが始める。
「…ん?何が?」
 ベルナルドはルキーノが何について聞いてきたのか分からなかった。
「ずっとタチ専門なのか?」
「…ああ…。いいや、10年くらい前から」
「…そうか…」
 ルキーノはこれ以上このことには触れてこなかった。
 お互いマフィアだ。触れて欲しくないことの一つや二つはあると、ルキーノも分かっているのだろう。
 ルキーノの距離感のある優しさが沁みる。スマートな男のスマートな無関心の装い。
「何?入れてみたいのか?」
「経験は、ある」
「お前、男には勃たないだろ」
「お前がしてくれたら勃つだろ」

 ベルナルドがルキーノを抱いたのは興味からだった。自分のところまで引き摺り下ろしてやりたかった。ルキーノが男に抱かれてどんな反応をするか。
 いい男だった。
 抱かれた後もルキーノはルキーノのままだった。何度かベルナルドに抱かれ、快楽を味わい、それを受け入れ、またベルナルドを誘った。
 自分とは、違う。無理やり男に犯されて身も心もボロボロになった俺とは違う。
 ベルナルドはルキーノとの違いを受け入れざるを得なかった。
 初めて入ったムショは最悪だった。複数人による私刑。頭に袋を被せられ殴る蹴るの暴行。息ができない。何も見えない。予期せぬところから殴られる。蹴られたのか。いつ終わるとも知れない悪夢。そのうち誰かが思いついた。姦せばいいと。袋を取り外され、僅かの安堵の後、無理やり押し込まれる青臭い苦味。後ろに捩じり込まれる激痛。
 ベルナルドは以前からバイである自覚はあったし、、アナルセックスの経験もあった。しかし、強姦は話が違う。同意のないファックは精神を蝕む。
 ルキーノを犯せればよかったのに。
 だが、同意の有無を無視してことに及ぶことはベルナルドにはできなかった。

 ルキーノはどんな想いで抱かれたのか。
 ルキーノは心中に残るしこりを一瞬でも忘れることができたのだろうか。
 やはり、抱く側に回ったほうが、ルキーノとしてはいいのだろうか。
 ルキーノにほだされるなど、ベルナルドにとっては予想だにしていなかったことだ。
「―――ベルナルド!?」
 ベルナルドがルキーノをやわく握った。
「…構わないさ…お前がし足りないのなら」
 ベルナルドはサイドテーブルにおいておいたワセリンをとり、自分の後孔に塗りつけた。立ち膝でルキーノを跨ぎ、ゆっくり自分に指を埋める。
「…ん…」
 後ろを使うのは久しぶりだった。注意深く指を動かし解かす。
「へぇ…エロいな、ベルナルド」
「うるさい、黙って待ってろ」
 ルキーノに見上げられながら、ベルナルドは雫を垂らす。それがさらにベルナルドの羞恥を煽った。
 目を瞑って2本目を入れる。内側に圧迫感を感じる。少し、苦しい。ベルナルドは前立腺の位置を探す。
「…っ…」
 射精感が上がってくる。
 ルキーノの腹の上でベルナルドは夢中になって擦った。
「はぁ…ぁ…あぁ…、…っ」
 ベルナルドの白い肌が徐々に紅色に染まってゆく。ゆらゆらと揺れる腰を支えるとルキーノの手に熱が伝わった。
 ベルナルドの妖艶さはルキーノにとっては驚きだった。男に、しかもベルナルドに衝動を感じるなんて。
 ルキーノは堪らず、ベルナルドの指に沿って自分の指を差し入れた。
「…ここ?」
「あっ…うん…そこ…」
 ルキーノがベルナルドの指ごと前立腺を押す。
「ああぁっ」
「指抜けよ。俺が弄ってやる」
 ベルナルドに代わってルキーノの指が中で蠢く。
「んんっ…はぁ…ぁ…」
 ルキーノの指が2本、3本と増えてゆく。他人の熱を帯びた指に犯されるのは自分でするのとはまた別の快感がある。ベルナルドの指がルキーノの胸を引っ掻く。
「ルキー…ノっ…もう…抜け…んっ…」
 ベルナルドは徐々に余裕がなくなっていくのを感じていた。早くルキーノを誘い入れなければ。
 ルキーノをもう一度扱き、後ろに宛がう。
「…んんっ…―――…」
 ベルナルドはゆっくりと腰を落とした。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作小説
ジャンル : アニメ・コミック

tag : LD1 ラッキードッグ1 ルキベルキ ルキベル

コメント

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

mari

Author:mari
「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」に反対します。
(「非実在青少年」に対する規制に反対します。)

【好きなBLゲーム】
Tennenouji
『ラッキードッグ1』

イヴァジャンイヴァ
ベルジャン
ラグベルジャン
ルキベルキ

Nitro+CHiRAL
『咎狗の血』

シキアキ
グンアキ

【好きなBL小説】
英田サキ

Amazon.co.jp:『エス』シリーズ

木原音瀬

Amazon.co.jp:『COLD』シリーズ

【好きな音楽】
GRANRODEO

谷山紀章さん

初音ミク
GUMI

好きな声優さん
緑川光さん
もう10数年以上前からのファンです。サイバーフォーミュラの新条直樹から。
鈴木達央さん
鳥海浩輔さん

novelist.jp まり

リンク追加/ブロとも申請
サイト名:BLを書いてみる。
管理人:mari
URL:http://marimolimary. blog28.fc2.com/
バナー:http://blog-imgs-44.fc2.com/m/a/r/marimolimary/banner.png


  • このブログをリンク追加する
  • この人とブロともになる


  • 管理画面

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新コメント
    最新記事
    最新トラックバック
    ユーザータグ

    ラッキードッグ1 LD1 ベルジャン イヴァジャン ルキジャン ベル誕 ルキベルキ ベルイヴァジャン ベルキ ラグベルジャン 黒ナルド ジャンイヴァ LOVE&DESTORY CAGE ジュリジャン ルキベル 

    Gian's Egg
    期間限定特設リンク
    こちらは期間限定の企画など、私が\支援したい!/リンク先です。

    【LOVE and DESTROY】『CAGE-OPEN-』
    LOVE and DESTROYLOVE and DESTROY
    予約締切2011/6/30(木)、
    価格1500円、
    販売2011/8/12(金)コミックマーケット80

    【LUCKY SHOT! 2nd Day】スタジオYOU
    【LUCKY SHOT!】バナー
    2011/10/10(日)
    11:00~15:00東京流通センター(TRC)
    ラッキードッグ1オンリーイベント開催!

    検索サイト様
    【 ラッキードッグサーチWAN!WAN!!】

    ラッキードッグ1のファンサイト・2次創作サイトのサーチです。

    【Wing Search】

    女性のためのゲーム系サイト総合検索エンジンです。
    『ラッキードッグ1』リンク
    『ラッキードッグ1』のSSを掲載しているサイト様、相互リンクしてくださったサイト様、一緒に合同誌を作ったサイト様、私のお勧めサイト様などです。
    『咎狗の血』リンク
    【咎狗っ血】
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。