twilog まり(@mrmlmary)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再始動【イヴァンEDイヴァジャンイヴァ8】

今回最終回です。

はい。というわけでした。

どういうことになったのか分かりましたか?
すみません。
わかんないのはきっと私の文章力の無さのせいです。

次回あとがきでちょっぴり解説します。
解説が必要なSSなんて、SSとして成り立ってませんよね。
重ね重ねすみません。

今回えろありです。


******************

 イヴァンが抜けたCR:5新体制になってから数ヶ月が経った。
 デトロイトとの同盟は破棄され、掃討作戦も成功を収めた。
 数ヶ月前にルキーノが『消さなかった』噂のおかげで、東海岸の組織ではあるコンセンサスが取れていた。デイバンに入ったデトロイト勢力はCR:5カポの暗殺を企て、嫁いだ妻は不貞をはたらいた。全てデトロイト側に過失がある、と。

「お前、いつから気づいてた?」
 お互い、久しぶりに顔を合わせた。
 カヴァッリ邸に出向いたら、偶然そこにお互いがいた。
 久しぶりに飲みに行こうと誘ったのはルキーノからだった。
 微笑をたたえシガリロを咥えるベルナルドは、紫煙を燻らせながらゆっくりと話し出した。
「…暑い日だったな」
 ルキーノのグラスで氷の涼しげな音がバーカウンターに響いた。
 禁酒法が終わって数年、裏の者達は裏に身を窶し、酒を傾ける。カタギにとっては遅い時間、そうでないものにとっては少し早い時間。現在の幹部の一人のシマにある、裏の世界の人間達のための酒場。そのカウンターの奥に二人はいた。
「罠を張る数日前だったかな」
「…」
「ヤツも風呂嫌いのはずなのに、シャワーを浴びたいと言ってきてね。…ローズとジャスミンの香りがしたよ」
「じゃあアイツ本当に…」
「さあ…それは本人じゃないとわからないな」
 ベルナルドのシガリロがじ…っと明るくなる。
「結局、あの女もジャンの暗殺に一枚かんでたんだ。まあ、妥当な結末だと思うよ」
 ジャン暗殺の犯人を突き止めるのが遅かったら、またはジャンがずっと暗殺されずにいたら…。
「ジャンはベッドの上で脇腹刺されてたかもね」
 ベルナルドの話を聞きつつ、ルキーノは自分のグラスを舐めた。
「それにしてもさすがでしたね、幹部筆頭殿」
 ベルナルドが芝居がかった口調でルキーノを見やる。
「…今のカポはジャンだ。カポの仰せのままに動くまでだ。代替わりしてもコーサ・ノストラであることには変わりない」
 ルキーノはしっかりとした口調で言い切った。
 敵を欺くには、まず味方から。
 ジャンはルキーノに最後まで種明かしをしなかった。しかしルキーノはジャンの意思を汲み取った。
 ルキーノは自分の部下が噂の発信源となること黙認した。噂など、下世話なことに部下を係らせたくはないのだが、今回は違った。その噂は遠くニューヨークまで流れなければならなかった。古参の多い、紳士ぞろいのルキーノの部隊からの『噂』でなければ、十分な信憑性が保てなかったのだ。
「今度のカポも相当狸だ…」
 ルキーノは軽くため息をついた。
「そろそろこちらに来るかい?それとも、ジュリオの方をご所望か?」
 こちら、つまり、顧問、だ。
「いいや。…まだやることがある」
 イヴァンの後釜に座った新幹部がいる。
「そいつが幹部として十分な働きをするのを見届けてからでないと、な」
「それはそれは」
 ところで、ジュリオはいつから気づいていたのだろうか。
 しかし、二人はそれを話題に出すことはなかった。
 気づいていようがいまいが、ジュリオの行動に変わりはないだろうと、二人は十分に分かっていた。
「まさか、イヴァンにまで先を越されるとはな」
 ルキーノは暫くまた最古参最年長幹部筆頭として幹部会に残った。

 ジャンは久しぶりに永遠を誓った男との逢瀬を貪っていた。
 また、その男も久しぶりのジャンを堪能していた。
 ダウンタウンのボロアパート。この地区には似つかわしくない純白のメルセデス。相変わらず満足なカーテンもない部屋に月明かりで二人の影が揺れる。

「我慢できるよーになったじゃねーか」
「うるせーよ」
 お互い久しぶりだからこそ早く繋がりたいのだが、急いてしまうと激痛でそれどころではなくなることを二人とも身をもって学習していた。
 焦る気持ちをキスに載せる。
「…ん…んあ…はぁ…」
「…ん…む…ジャン…」
 ジャンは噛みつかれるようなキスを懐かしく愛おしく思った。もっと欲しくて青銀色の髪を掻き毟る。
 左の鎖骨に咬み付かれ、ジャンは相手の男の右肩を撫でた。
「…ちゃんと、消えてんな・・・」
「…」
 ジャンは男の腕にキスをした。
「早く解かせよ。久しぶりに、オレの中でイかせてやる。うれしいだろ?」
「うるせー。この淫乱野郎が」
 この罵声も懐かしい。
「んっ」
 ジェルのたっぷり付いた指がジャンの後孔に進入してくる。解かそうとする指の動きが丁寧で、初めての時とのギャップの大きさに、ジャンはまた頬を緩めてしまう。
 今日は懐かしがってばかりだな。
「早く、入れろよ…」
「―――煽んな、バカが!」
 煽られたことを律儀に白状する男を相変わらず可愛いヤツだ、とジャンは思った。
 膝を深く折り込まれ、後ろに熱を宛がわれる。ああ。くる。
「―――ぁああ…!」
 漏れる声を今日は思う存分コイツに聞かせてやりたい。
「…ジャン…っく…ジャン…」
 腰を打ちつけながら名前を呼んでくる声がを鼓膜を犯す。荒い息遣いが耳を擽る。時折耳朶を咥えられて中心に熱を送られる。
 熱い。あつい。
 内側で質量が変化する。相手の興奮がジャンに移る。
「…っ…ジャン…っ…」
 もうイきそうなくらいギチギチなくせに、ジャンのいいところを熱心に突いてくる。
 いつの間にセックスまでマメになったんだか。
 ぶれる視界。それでも相手の目を見据えようとジャンは顔を上げる。相手の首に両腕を回し、言ってやった。
「…も…んぁ…はぁ…イきそ…だろ?…イけ…よっ…」
「…っ…このっ…」
 突然突き上げられる。容赦なく。後ろを奥まで擦り上げられ、前を乱暴に扱かれる。
「―――…!」
「―――ジャン…!」
 久しぶりに真っ白な快感がジャンに訪れた。

 久しぶりに全力で突っ込まれ、ダルい腰とともにベッドでぐったりしていたジャンは、隣で一服しているヤツをぼんやりと見遣る。
 横顔が、以前にも増して凛々しくなった気がする。惚れた欲目か。
 最近ではもう帳簿を読むのは苦ではなくなったんだろうか。
 カタギの部下をうまく使えてるのだろうか。
 様々な思いが沸いてくる。こいつなら大丈夫だろうと、心配事は浮かんでは消えてゆく。
 でもマジやべぇことがあったらオレに相談してくれよ。今だったらオレだってそれなりに何とかできる力は持ち合わせてるんだからさ。
 言いたいことはたくさんあるのに、ジャンのすぐ傍まで睡魔が忍び寄ってきていて、口を開くのが億劫だった。
 こいつはオレが見込んだ男、オレが惚れた男だ。
 ジャンは誇らしい気持ちになっていた。

 CR:5から売却されたシノギである川上の物流はカタギの会社として大きく成長し始めていた。
 その社長は、イヴァン・フィオーレ、青年実業家であった。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作小説
ジャンル : アニメ・コミック

tag : LD1 ラッキードッグ1 イヴァジャン

コメント

非公開コメント

あ…あぁ!そういうことなのか… イウ゛ァンTRUEエンドにも即してるかんじですね、なんだこれbadeggか… 最後のエロがとても愛おしいです。ごちそうさまでした。

はい。そういうことでした。

読んでくれてありがとうございます。
結末はこんな感じでした。

イヴァンTrueEndを見たとき、イヴァンは表舞台に出たのかもと思ったんだよね。
例えば、CR-5は2代目がジャンで、3代目はジャンやイヴァンよりも若い世代の人で。
んで、イヴァンは表舞台に出て、青年実業家とかになって、カポ・ジャンカルロとCR-5とも繋がりを持って・・・とかね。

最後のえろは、受けも知ったイヴァンがどんな攻めになるかを考えて、ジャンさん視点で書き出して見ました。
5年後にはセックス面でも成長していて欲しいです。
カテゴリ
プロフィール

mari

Author:mari
「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」に反対します。
(「非実在青少年」に対する規制に反対します。)

【好きなBLゲーム】
Tennenouji
『ラッキードッグ1』

イヴァジャンイヴァ
ベルジャン
ラグベルジャン
ルキベルキ

Nitro+CHiRAL
『咎狗の血』

シキアキ
グンアキ

【好きなBL小説】
英田サキ

Amazon.co.jp:『エス』シリーズ

木原音瀬

Amazon.co.jp:『COLD』シリーズ

【好きな音楽】
GRANRODEO

谷山紀章さん

初音ミク
GUMI

好きな声優さん
緑川光さん
もう10数年以上前からのファンです。サイバーフォーミュラの新条直樹から。
鈴木達央さん
鳥海浩輔さん

novelist.jp まり

リンク追加/ブロとも申請
サイト名:BLを書いてみる。
管理人:mari
URL:http://marimolimary. blog28.fc2.com/
バナー:http://blog-imgs-44.fc2.com/m/a/r/marimolimary/banner.png


  • このブログをリンク追加する
  • この人とブロともになる


  • 管理画面

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新コメント
    最新記事
    最新トラックバック
    ユーザータグ

    ラッキードッグ1 LD1 ベルジャン イヴァジャン ルキジャン ベル誕 ルキベルキ ベルイヴァジャン ベルキ ラグベルジャン 黒ナルド ジャンイヴァ LOVE&DESTORY CAGE ジュリジャン ルキベル 

    Gian's Egg
    期間限定特設リンク
    こちらは期間限定の企画など、私が\支援したい!/リンク先です。

    【LOVE and DESTROY】『CAGE-OPEN-』
    LOVE and DESTROYLOVE and DESTROY
    予約締切2011/6/30(木)、
    価格1500円、
    販売2011/8/12(金)コミックマーケット80

    【LUCKY SHOT! 2nd Day】スタジオYOU
    【LUCKY SHOT!】バナー
    2011/10/10(日)
    11:00~15:00東京流通センター(TRC)
    ラッキードッグ1オンリーイベント開催!

    検索サイト様
    【 ラッキードッグサーチWAN!WAN!!】

    ラッキードッグ1のファンサイト・2次創作サイトのサーチです。

    【Wing Search】

    女性のためのゲーム系サイト総合検索エンジンです。
    『ラッキードッグ1』リンク
    『ラッキードッグ1』のSSを掲載しているサイト様、相互リンクしてくださったサイト様、一緒に合同誌を作ったサイト様、私のお勧めサイト様などです。
    『咎狗の血』リンク
    【咎狗っ血】
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。