twilog まり(@mrmlmary)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寂寞【ベルナルドEDベル誕9】

やっと書き終わりました。
次回で最終回です。

長かった。
書き上げるまで長かった。
10話で2ヶ月かかってます。

今回の話は、某アニメの有名な台詞を拝借しております。
ベルジャンに限らず、ずっと書きたかったことなのですが、
書いてみると意味不明…。
今回の話も自分でよくわかんないです。

今回えろ無しです。


******************

「このまえさぁ、ルキーノんとこの店行ったよ。ジョバンニってヤツがいてさ、結構気合ったんだ」
「そう。それはよかったね。勉強になったかい?」
 探りを入れようと、ベルナルドにジョバンニの名前を出してみたが、ベルナルドは相変わらずの笑顔を向けただけだった。
 やっぱり、そんなに世間は狭くねぇのかな。
 今日も風呂でベルナルドに身体を洗われながらそう思った。
「心配の種が増えたな。ジャンが他のヤツのところに行ってしまわないかと、気が気じゃないよ」
 そう言って、ベルナルドはオレの腕を洗いつつ頬にキスを落とす。
 それはオレの台詞だ。…言わねえけど。
 もしジョバンニの相手がベルナルドだった場合、やはりベルナルドはオレとのセックスに満足していない可能性が高い。ずっとオレとのセックスに満足できない状態が続いたら…またジョバンニのところに戻るのか?
 少し開いたドアの向こうに見える世界。ベルナルドがオレの手を引いていこうとする世界。そこにベルナルドが求めるものがあるのか。
 進むべきか、留まるべきか。
 ベルナルドの猫っ毛に指を絡ませる。くいっと引っ張るとベルナルドがまたキスをくれた。
 柔らかい唇。その唇でほかの誰かの唇も吸っていたのだろう。オレだってそうだ。男はベルナルドが初めてだが、何も今までの相手がベルナルドだけだったわけじゃない。
 他の女とヤってた時も気持ちよかった。でもそれまではベルナルドに与えられる快感を知らなかったんだ。今までで最高のエクスタシー。他の誰かがベルナルド以上の快感をもたらしてくれるとは到底思えない。
 もう、戻れない、と思う。
 オレはもう、誰も望まない。
 ベルナルドしかいないんだ。
 ベルナルドが連れて行ってくれる真っ白な世界。まるで二人でひとつになったような、溶け合うようなセックス。ベルナルドが与えてくれる快楽はいつもまるで自分の身体の境界線がなくなるような、とろけるような快感だ。
 でも、それではベルナルドはいつまでも満たされないのか?オレだけが気持ちいいのか?ベルナルドはあの溶け合う感覚を共有していないのか?
 それって、寂しいだろ。
ベルナルドにもオレと同じ快感を感じて欲しい。オレと一緒に快楽に溺れて欲しい。
「心も身体もひとつになりたくなぁい?ダーリン」

「それはとてもとても気持ちのいいことなのかい?マイハニー」
 それは甘美な誘い。
 久しぶりに、何の小細工も無しに真正面から誘われるのも悪くない。ジャンの引き締まった白い腕を洗いながらベルナルドはそう思った。
 心も身体もひとつになる。
 そのためには、自分達は液体か気体になるより他ないだろう。全てが混じりあり、撹拌される。どちらがどちらの身体か、どちらがどちらの心かわからなくなる。心も身体もカタチがなくなるのだ。そのとき、きっとどちらの心も身体もこの世には存在しないだろう。
 それは安心をもたらしてくれる。
 もうジャンが自分から離れていくことに根拠なく怯える必要はない。ジャンの足に生えた羽をむしり取りたい衝動を抑える必要もない。俺がジャンで、ジャンが俺になるのだから。
 気を抜けば、この世の消滅を願ってしまうほどに、ジャンに溺れていた。ジャンを手放したくない。ジャンがいない世界など、ジャンが他の誰かの傍らにいる世界など、そんな世界なら要らない。
 だが。
 ジャンに触れることができなくなるのだ。
 全てが溶け合って、全てが一緒になるということは、もうジャンの身体を洗うこともできなくなるということだ。ジャンのこの白く滑らかな肌も。蜂蜜色の美しい金髪も。弾くと全身で応えるかわいい乳首も。俺を誘い飲み込む後孔も。なにもかも。
 すでに身体のほとんどを洗い上げ、今はジャンの左足を洗う。忌々しくも愛しい自由の羽が生えた両足。世界の終わりを望まぬよう、自分への戒めとしてジャンの身体を洗う。愛しいジャンの身体。いつまでもこの世に存在して欲しいのだ。
 そしていつものキスを足の甲に落とす。
 どうか離れて行かないように、と。
 精一杯の気持ちをこめてキスをする。
 溶け合いたい気持ちとジャンカルロとして確かに存在して欲しい気持ち。相反するこの願いをいつも持て余す。
 踏みとどまりたい。お互いが別個体であるがゆえに、永久に満たされないこの悲しい世界に。永遠に埋められない寂しさを抱いて。
 逃れなければ。全てが溶け合う世界の誘惑から。
 俺達が別々の心を持っているがゆえの、解消できない究極的な孤独。
 それでも。この寂しさを受け入れつつも、強く繋がっていたい。
 …抱きしめるだけではすでに確証を感じることができなくなってしまった。
 俺はいつだってお前のものなのに。
 ジャン、お前の絶対的な存在を、俺に。
 見せつけてくれ。
 犯せない境界線を。
 お前の足元にひれ伏し、跪きたい。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作小説
ジャンル : アニメ・コミック

tag : LD1 ラッキードッグ1 ベルジャン ベル誕

コメント

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

mari

Author:mari
「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」に反対します。
(「非実在青少年」に対する規制に反対します。)

【好きなBLゲーム】
Tennenouji
『ラッキードッグ1』

イヴァジャンイヴァ
ベルジャン
ラグベルジャン
ルキベルキ

Nitro+CHiRAL
『咎狗の血』

シキアキ
グンアキ

【好きなBL小説】
英田サキ

Amazon.co.jp:『エス』シリーズ

木原音瀬

Amazon.co.jp:『COLD』シリーズ

【好きな音楽】
GRANRODEO

谷山紀章さん

初音ミク
GUMI

好きな声優さん
緑川光さん
もう10数年以上前からのファンです。サイバーフォーミュラの新条直樹から。
鈴木達央さん
鳥海浩輔さん

novelist.jp まり

リンク追加/ブロとも申請
サイト名:BLを書いてみる。
管理人:mari
URL:http://marimolimary. blog28.fc2.com/
バナー:http://blog-imgs-44.fc2.com/m/a/r/marimolimary/banner.png


  • このブログをリンク追加する
  • この人とブロともになる


  • 管理画面

  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新コメント
    最新記事
    最新トラックバック
    ユーザータグ

    ラッキードッグ1 LD1 ベルジャン イヴァジャン ルキジャン ベル誕 ルキベルキ ベルイヴァジャン ベルキ ラグベルジャン 黒ナルド ジャンイヴァ LOVE&DESTORY CAGE ジュリジャン ルキベル 

    Gian's Egg
    期間限定特設リンク
    こちらは期間限定の企画など、私が\支援したい!/リンク先です。

    【LOVE and DESTROY】『CAGE-OPEN-』
    LOVE and DESTROYLOVE and DESTROY
    予約締切2011/6/30(木)、
    価格1500円、
    販売2011/8/12(金)コミックマーケット80

    【LUCKY SHOT! 2nd Day】スタジオYOU
    【LUCKY SHOT!】バナー
    2011/10/10(日)
    11:00~15:00東京流通センター(TRC)
    ラッキードッグ1オンリーイベント開催!

    検索サイト様
    【 ラッキードッグサーチWAN!WAN!!】

    ラッキードッグ1のファンサイト・2次創作サイトのサーチです。

    【Wing Search】

    女性のためのゲーム系サイト総合検索エンジンです。
    『ラッキードッグ1』リンク
    『ラッキードッグ1』のSSを掲載しているサイト様、相互リンクしてくださったサイト様、一緒に合同誌を作ったサイト様、私のお勧めサイト様などです。
    『咎狗の血』リンク
    【咎狗っ血】
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。